お肌の美容成分

お肌の美容成分の代表例としては、ビタミンCが挙げられます。ビタミンCはとりわけ美白に効果的とされていますが、肌のあらゆる悩みを解消できる成分として注目を集めています。

肌への浸透力の高いものを選ぶことによって外部からビタミンCを補ってあげましょう。食べ物では主にレモンなどに多く含まれており、さらに近年ではサプリメントも各メーカーから販売されているので、そういったものを上手に活用すると良いかもしれません。

次にお肌の美容成分として挙げられるのがコラーゲンです。加齢によってコラーゲンは減少することが分かっており、減少すると肌が乾燥しがちになったり、老化を早める原因になったりします。空気が乾燥しやすい時期にはとりわけその傾向が強くなるので、外からと内からの両方で補うことが大切です。また赤ちゃんのようなつや肌に欠かせない美容成分がヒアルロン酸です。お肌の美容成分としては馴染みのある成分ですが、これも積極的に補うことが推奨させる成分です。

また、アンチエイジングに対して有効に働くことが分かっているプラセンタも美容成分として欠かせないものになります。近年ではプラセンタは一種のブーム的存在になりかけているので、知っている人も多いのではないでしょうか?そして、最後がセラミドです。これも年齢と同時に減ってしまうお肌の美容成分となっているので、スキンケアで外から補給したり、サプリメントなどで内から摂取したりするのも良いでしょう。

その他にもアルガンオイルやローズ、サフランやヴァージンココナッツオイルなども抗炎症作用や殺菌・お肌の引き締めなどその効果が期待されています。