お尻のニキビ原因

お尻にニキビや吹き出物ができてしまったり、ブツブツとしてしまったらその原因を知ることが大切です。主にお尻にニキビや吹き出物、ブツブツができてしまう原因としては、顔と同じように過剰な皮脂分泌が起こり、そこで毛穴が詰まってしまい、アクネ菌が繁殖することが挙げられます。

お尻は体の中でも背中やデコルテに次いで、皮脂分泌が盛んな部位になるので、過剰な皮脂分泌を抑えることが大切です。柔らかく感じますが、実は肌表面は分厚くなっており、硬くなっているのも原因の一つです。

人は座っている間、その体重を腰とお尻で支えているので、それが肌への刺激となり、角質化してしまいます。角質が厚くなるとどうなるのかと言うと、皮膚が毛穴を塞いでしまい、ニキビ、吹き出物、ブツブツの原因となってしまいます。角質が厚くなってしまうと、皮膚が毛穴を塞いでしまい、アクネ菌の温床にもなり兼ねません。このように皮脂分泌が盛んで角質が厚くなっているお尻は、ニキビなどが出来やすい条件が揃っていると言えるでしょう。

さらに蒸れやすく、他の部位に比べると清潔にしにくい部位にもなるので、特にお風呂上りなどにはしっかりと保湿をしてあげることが大切です。もちろん、ニキビなどが出来ている部位は刺激に弱くなっているため、体を洗う際には撫でるように優しく洗ってあげましょう。

日々のケアによって、治すことが十分可能にはなってくるので、その原因を知って対策を取ることが重要です。